『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
スポンサー広告 |
『わかめちゃん、希望者様と会って来たよ♪』
幸さんわかめちゃん は、保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会の保護犬です。
詳細は会ホームページ保護犬リストをご覧ください。



わかめちゃん、希望者様と初めての顔合わせ
photo
(写真は先日撮影したもので今日のものではありません)


ちょっと緊張気味のわかめちゃんに希望者様ご夫婦、と~っても優しく接してくださいましたよ
お子様たちも「今日来るの?」ととっても楽しみにしているそう。
色々お話させていただいて、週末にもご自宅へお届けに伺う予定


あっという間に赤い糸をたぐりよせたわかめちゃん。
ほんとご縁って分からないものです
(あ、でもまだトライアルですけども。)


フガフガ鼻水飛ばしもあと数日か~笑

ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
お泊り犬 | コメント(2) |
『茨城県動物指導センターへ行って来ました』
今日も道路空いてました。
先月15日の水曜日も空いてたからやっぱり水曜日は道路空いてますねー。
だんだん「茨城って近い」という錯覚が・・・(笑)


今日は3匹引き出しでした。


シーズーとプードル?のミックス。オス。
photo


ちっちゃい2ヶ月くらいの子犬ちゃん。メス。
photo


ちょっとビビリなチワワさん。メス。
photo


それぞれこれから募集になるので詳しくは会ホームページを見てくださいね。



成犬譲渡の会ホームページ

ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
センター | コメント(0) |
『幸さん、わかめちゃん、性格いろいろ♪』
幸さんわかめちゃん は、保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会の
保護犬です。
詳細は会ホームページ保護犬リストをご覧ください。



おすまし幸さん
photo


ちょっとあっかんべわかめちゃん
photo


わかめちゃんはとにかく人大好きっ子、犬にはあまり興味ありません。
遊ぶかどうかはまだ未知な感じ。
幸さんはとにかく犬付き合いが上手。
ちょっと社会性のないワンも幸さんなら大丈夫ってケースがチラホラあります。
それぞれに性格全然違って面白いね
ちなみに幸さんもわかめちゃんも粗相はありません。
(環境によっては変わりますのであくまで今のところってことで~)

ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
お泊り犬 | コメント(0) |
『あたし、わかめ♪』
わかめは、保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会の
保護犬です。
詳細は会ホームページ保護犬リストをご覧ください。



5月24日(金)から我が家に移動しました。
わかめちゃんです
photo


photo


移動って???
実はわかめちゃんは茨城県動物指導センターに「膣脱」の状態で収容されていました。
大人の男の人のこぶしほどに腫れあがった膣が陰部から出ていて非常に危険な状態でした。
緊急で手術をするため急遽東京に運び(車内は血のにおいが充満してました・・・)、その日の夜に手術をしましたが、出血が止まらず、一時は生死の境をさ迷いました。
でも本当にがんばって乗り越え、少しずつ回復して、晴れて退院となりました
そして我が家に移動して来た次第です


とにかく人間大好きの甘えん坊
すでにだんなさまはメロメロに(笑)
詳しくは保護犬リストのわかめちゃんのページを見てくださいね
番号は栄えある1000番をいただきました

ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
お泊り犬 | コメント(0) |
『18年前の犬猫の殺処分、自分にできることを考える』
この活動をしていると、保護活動を長年続けてらっしゃる方から色々なお話を聞く機会がたくさんあります。
現在、殺処分数は確実に減って来ています(もちろんゼロではありません)。
でもほんの15年20年前は、年間何十万頭という想像を絶する数の犬猫が殺処分されていました。


某保健所の写真です。およそ18年前に撮影されたものです。
photo


多くの犬たちが首輪をしています。
飼い主を信頼して迎えを待ち、命を絶たれた子たちです。


とてつもなく絶望的になるような数の犬猫を前にして、その命を救う事に情熱をかけた人たちがいることを私は多くの人に知ってほしい。
救える命はほんの一握り。
ほとんどの犬猫たちが命を奪われるのを目の当たりにしながらそれでもその現実に立ち向かい続ける人たちがいたからこそ、今の動物愛護があると思う。


時代は変わり、過去の話はだんだん忘れられてしまう。
でも、忘れてはいけないことが絶対あると思うのです。


この写真の犬たち、同じように死へと追い込まれた何十万頭の犬猫たち。
そしてその命と向き合い、立ち上がった人たち。
私たちはそこから学び、自分にできることは何か考え、行動していかなきゃいけない。
「誰か」ではなく「自分」。
小さなことだっていい、自分にできることをやる、他の誰かではなく、自分にしかできないことをやる、そこに意味があると思いませんか。


最後に一言だけ。
それでも、命を買いますか?

ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
センター | コメント(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。