『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
スポンサー広告 |
『繁殖業者の犬を行政が処分』
成犬譲渡の会の「活動ニュースブログ」でも書かれていますが、尼崎市が繁殖業者の売れ残り(不要)犬を引き取って処分していたというニュースが今日テレビや新聞等で報じられています。


違法飼育の犬引き取り処分 尼崎市「今後はやめる」(47NEWS)
犬200匹、業者が違法飼育 「売れ残り」尼崎市が処分(朝日新聞)
尼崎のビルで… 犬200匹を違法飼育(毎日放送)
犬繁殖業者が無許可飼育、老犬は市が殺処分(日テレNEWS24)
兵庫・尼崎市のブリーダー、登録やワクチンの接種をせずにおよそ200匹の犬を飼育(FNN)
違法に犬200匹飼育、老犬は尼崎市が処分(読売新聞)
尼崎、ビル屋上で犬200匹を違法飼育(毎日放送)


あくまで個人的見解で言うと・・・
指導力不足なのは認めているようですが、そのおかげで10年間どれだけの動物が苦しい思いをし、無念の最期を迎えた事かと思うと、それだけでは済まされないと思うのですが。
動物愛護法に基づいて動物を保護する立場の行政が、これでは悪質業者の片棒を担いでいるみたいなもの。
というか、実際に結果的に担いでると思う。
そして結局この業者は営業停止になるわけでもなく、まして登録を剥奪されているわけでもないらしい。
そこが問題。
だって尼崎市は「今後は引き取るのをやめる」と言っている。
でもこの業者が今後も営業ができる限り「老犬」を放棄するのは火を見るより明らか。
悪質繁殖業者が「不要だ」と切り捨てる犬たちの末路はあまりにも無残で悲惨。
これが問題。
それを解決するのは尼崎市の責任。
過去10年の間に見捨てた何100頭という犬たちのためにも行動を起こしてほしいと思う。
「自分達の市だけが明るみに出てついてない」と思うか「これを機に今までの悪習慣を断ち切り殺処分をなくそう」と思うか、尼崎市は試されてると思ってほしい。


しかしこういう業者、全国に一体どれだけいるんだろう。
人々が「可愛い~」とペットショップで買う、インターネットで買う=悪質な業者が儲かる。
これはどう考えてもイカン事なんじゃないでしょうか。
自分の欲しい犬種をペットショップに見に行く前に、インターネットで探す前に、今にも命の灯を消される犬たちに目を向けてはもらえないんだろうか。
そんなに難しい事なんだろうか・・・。


(あくまで私の個人的な見解で書いたので、この記事はコメントを閉じています。)

ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
いぬ |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。