『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
スポンサー広告 |
『18年前の犬猫の殺処分、自分にできることを考える』
この活動をしていると、保護活動を長年続けてらっしゃる方から色々なお話を聞く機会がたくさんあります。
現在、殺処分数は確実に減って来ています(もちろんゼロではありません)。
でもほんの15年20年前は、年間何十万頭という想像を絶する数の犬猫が殺処分されていました。


某保健所の写真です。およそ18年前に撮影されたものです。
photo


多くの犬たちが首輪をしています。
飼い主を信頼して迎えを待ち、命を絶たれた子たちです。


とてつもなく絶望的になるような数の犬猫を前にして、その命を救う事に情熱をかけた人たちがいることを私は多くの人に知ってほしい。
救える命はほんの一握り。
ほとんどの犬猫たちが命を奪われるのを目の当たりにしながらそれでもその現実に立ち向かい続ける人たちがいたからこそ、今の動物愛護があると思う。


時代は変わり、過去の話はだんだん忘れられてしまう。
でも、忘れてはいけないことが絶対あると思うのです。


この写真の犬たち、同じように死へと追い込まれた何十万頭の犬猫たち。
そしてその命と向き合い、立ち上がった人たち。
私たちはそこから学び、自分にできることは何か考え、行動していかなきゃいけない。
「誰か」ではなく「自分」。
小さなことだっていい、自分にできることをやる、他の誰かではなく、自分にしかできないことをやる、そこに意味があると思いませんか。


最後に一言だけ。
それでも、命を買いますか?

スポンサーサイト
ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
センター | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。