『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
スポンサー広告 |
『今日は雪?!』
雨なのかみぞれなのか・・・はたまた今日は雪になるのかな???
降られる前にお散歩行って、皆さんぬくぬく熟睡中です


今日は栗之介の再診日でした。
体重は400g増えてたけど、数値は変わらず。
尿素窒素(BUN) 66.7(正常値17~33)
クレアチニン 3.4(正常値0.8~1.8)
お正月休みに入る前に点滴に通います。
ご飯はしっかり食べているし、お散歩も行きたがります。
でもお散歩は家を出て100メートルほど進むと急に速度が落ちます。
無理させないようにペースが落ちそうになったら帰るようにしています。
前庭障害は落ち着いたかな。
12月12日の発作がピークだったみたい。
あの1泊入院がトラウマになったのか・・・病院に行くと震えるようになってしまった・・・。
血気盛んな若犬の頃は待合室でよく他の犬に「俺様が栗之介だ!」的に威勢を張ってましたが、今日は他の犬が寄って来ても私の膝の上で脇に鼻を突っ込んで震えてました。
誰もいなくなると下りて臭い嗅ぎまくりだったけど。


病気に負けないぞ。がお~!
photo


あ、ちなみにあくびの瞬間ですよ(笑)


明日は保護犬D957のサン太くんのトライアルお届けです
それまでに晴れますように

スポンサーサイト
ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
いぬ | コメント(0) |
『12月が・・・』
タイトルを見ると、1ヶ月に1回しかブログを更新していないのが良く分かる・・・
そんな超ノンビリ感満載なブログにお越しいただき感謝です
たま~に更新したと思ったら、今日は長いです


12月に入って2回、5日と12日に茨城県動物指導センターへ引き取りに行って来ました。
収容頭数は減っているとはいえ、子犬から成犬、老犬、子猫、成猫、やはりたくさんの犬猫がセンターにはいました。
放棄も後をたちません。
12日も1頭の若い柴犬が放棄で連れてこられていました。
「人を咬んでしまう」という理由で連れてこられたその柴犬は、近付いてもにおいを嗅ぐだけで飼い主の人が言うような攻撃性は見られません。
どういう状況で咬んだのか聞くと、
「係留していた鎖が劣化して切れて放れてしまい、道路で散歩中の犬と喧嘩になり、止めに入った人に咬みついてしまった」
「餌を食べている時に手を出したら咬まれてしまった」
と、どれも「それは当たり前ですよ」という状況。
犬が咬む典型的な状況を作ってしまった飼い主に問題があるわけです。
劣化した鎖を取り替えて犬小屋の周りに囲いを作る、とか、ご飯を食べている時は干渉しない、とか、いくらでも対策はあるのです。
母親が事務所の中で放棄の手続きをしていると言って息子さんが柴犬を連れていました。
ここに連れて来たら最後、殺処分なんですよ、もう2度と会う事はできないんですよ、色々お話をしていると息子さんの気持ちが揺れているのが分かります。
まだまだやれる事はある、努力してみましょう、というお話をしていたらお母様が涙を拭いながら戻って来ました。
センターでは放棄に来た人に放棄をした犬がどのような運命をたどるのか、ビデオを見せています。
それを見て「かわいそう」と涙が止まらなくなったのだそう。
その気持ちがありながら、なぜ放棄を選択してしまうのでしょう。
Wさんと、去勢をして環境を変えながらもう1回この子のためにがんばりましょう、と話しました。
少しずつ、「どうすればいいですか」と前向きな姿勢に変わっていき、息子さんの「連れて帰ろう」の一言でお母様も決心をして「やってみます」と言ってくれました。
家に帰ることが分かった柴犬くんのパッと明るくなった表情に、思わず目頭が熱くなりました。
帰り際、わざわざこちらに来て、「ありがとうございました。がんばってみます。」と頭を下げておっしゃって下さった、その気持ちを忘れず、必ず生涯を全うさせてあげてほしい。


この日はいつもより早く行ったので、ちょうど焼却が始まり煙突から煙が出ていました。
ついさっきまで、生きていた子たちです。お空にのぼっていきました。
photo


1時にはセンターを出て、昼間なので渋滞もなく、東京に戻り、動物病院を2件回って家に戻ったのが6時過ぎ。
家に入ろうとしていると、ななの吠える声が聞こえます。明らかにいつもと違う感じ。
「どうしたんだろう?」と思って家に入ると、栗之介が倒れていました。
立とうとして手足をじたばたさせて、顔を見ると目が左右にものすごいスピードで揺れています。
急いで抱き起こすとオシッコもウンチも出てしまいました。
症状から、以前福ちゃんがなった「前庭障害」に似ています。
ただ病院で診てもらわないといけないので、センターから出てきた、家に置くはずの子が今日は見れないと思い、急いでWさんに連絡して迎えに来てもらいました。
センターから出て来たばかりの子をWさんの車に乗せ、栗之介を家の車に乗せ、動物病院へ。
栗之介は左に傾いて、立とうとしても左旋回で倒れてしまいます。
目も周期的に左右にすごいスピードで動きます。いわゆる「目が回ってる状態」です。
先生に診てもらうと、やはり前庭障害の可能性。
念のため血液検査やレントゲン、エコーなどで内臓の疾患や腫瘍の可能性を診てもらいました。
血液検査の結果、腎不全が見付かり、数値が良くないのと、発作が頻発して状態が悪いので、この日は入院に。
腎不全の前兆で、お水をたくさん飲むとか、食欲が落ちるとか、まったくなかったのに・・・。
この日は栗之介のいない夜、栗之介が我が家に来て14年半、そんな事は1度もなかったから、寂しくて眠れなかった・・・。
次の日は仕事が終わって病院に駆け付けると、奥から得体の知れない奇妙な鳴き声が・・・いや~ん、栗之介だわ。
受付の女性に「栗之介ですか?」と聞くと、ちょっと笑いながら「はい。お迎えに気付いたみたいで。」と。
いつも通りの奇妙な鳴き声で、元気なのね~と、一安心。
でもまだ歩けないのですっぽり抱っこ。
腎臓の数値も昨日よりは下がっていてまたちょっと安心。
ご飯も残さず食べたので、晴れて退院です。
家に戻ると、なな、はるか、美姫のチェックがすごかった
とりあえず毎日点滴に通って、数値はあまり変わらないので、加齢による慢性的な腎不全ということで、食事療法に切り替えます。
前庭障害は少し落ち着いてきたというか、体が慣れてきたのか、左に傾きながらもなんとか家の中の移動はできるようになりました。
排泄は補助が必要だけれど、律儀な栗之介はフラフラしながらも「トイレです」と教えてくれるので助かります。
食欲もあるし、相変わらず美姫ちゃんの耳の手入れも欠かさないし、栗之介さんには長生きしもらわくっちゃ困るのよ~

ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
いぬ | コメント(4) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。