『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
スポンサー広告 |
『見えないものに目を向けて』
昨日の緊急募集にたくさんの方々が感心を寄せてくださいました。
担当スタッフが対応しきれないほどのお問い合わせを頂いています。


今回の3匹の子犬たちを通して殺処分という現実を知ったという方もいるかもしれません。
「助けてあげて」「殺さないで」その思いをどうか忘れないでください。
そして、自分にはなにができるのか、考えてほしい。


ふわふわの可愛い3匹の子犬たち。
この子犬たちのいた犬舎には部屋が4つあります。
写真に写っているのは1部屋だけ。
後の3部屋は?想像してほしい。
そこには同じ月齢の子犬たちがたくさん入っているのです。
同じように可愛く、一生懸命手を伸ばして鳴いていました。
その子犬たちはもうこの世にいません。
そしてその前の日にはさらに18匹もの子犬が。
その子犬たちももうこの世にはいません。
毎日毎日この繰り返しが続いているのです。
今日もどこかで子犬が産まれ、捨てられ、そして処分されている。
不妊・去勢手術さえしていれば奪われることのない命です。
子犬たちだけではありません。
まだ若い人懐こい犬、落ち着いて人をジッと観察する賢そうな犬、兄弟なのか親子なのかピッタリと寄り添う犬、目も見えず立つこともできない老犬、みんなみんな尊い命。


でも、やはり現実に放棄は後を絶ちません。
昨日も帰り際に子猫の放棄に出くわしました。
活動ニュースブログ
持ち込んだ女性、「不妊手術をしなきゃしなきゃと思ってたんですよ」と言いますが、その親猫は4歳です。
自分の怠慢で小さな命を犠牲にする事の重大さを理解しているとはとても思えませんでした。
Wさんの再三に渡る説得にものらりくらりで真剣さなど感じませんでした。
窓口で手続きをして子猫を引き渡してしまえば、また忘れてしまうでしょう。
ひとりひとりの意識が変わらない限り、この繰り返しは永遠に続いていきます。


犬猫の殺処分数は減少傾向にあるけれど、
それでも2009年度の殺処分数は23万匹。


どうかひとりでも多くの方が、この問題と向き合い、自分には何ができるか、考えてほしいと思います。
殺処分ゼロを目指し、共に前に進みましょう。


最後まで、ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーサイト
ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
センター | コメント(2) |
『茨城県動物指導センターへ行って来ました(2/15)』
活動ニュースブログ


今日は我が家のタントに物資を積めるだけ詰め込み、茨城県動物指導センターへ。
皆さまからのご支援、しかとお届けいたしました


そして覗いた子犬舎。
いつものように可愛い可愛い子犬たちがたくさん入っています。
昨日まではさらに18匹いたそうです。
しかもその18匹、ひとつの地域からの1日での収容です。
もうみんな天国へ行ってしまいました。
せめてこの子たちだけでも助けたい、と、処分を1日延ばしていただいています。


【緊急】飼い主募集(預かりさま募集)


お問い合わせのメールを多数いただいています。
活動ニュースブログにも書いてありますが、
常識に欠ける内容のメールには返信しておりません



収容棟に1匹の老犬がいました。
白い中型のオス犬でした。
恐らく目は見えていないのでしょう。
「うぉんうぉん」と弱々しい声で鳴きながら同じ場所をぐるぐる回っていました。
足腰も弱っているのでそのうち近くのバケツに突っ込んでしまいました。
傷病犬舎を掃除していたお世話の方に伝えると、すぐに掃除したばかりのきれいな毛布を敷いた個室の犬舎にその老犬を移してくれました。
移す時も自分で歩けず、お世話の方に支えられながら移動していました。
13日収容の2番のオス犬です。赤い首輪をしています。飼い犬だったのでしょう。
もうこの先どれぐらい生きられるか分からないこの老犬は20日の朝には殺処分の運命です。
土日を挟みますからもしかしたらセンターでその生涯を終えるかもしれません。
なぜ最期まで寄り添ってあげないのでしょうか。
10何年共に生きた犬に愛情はないのでしょうか。
いつもいつも考えさせられ、そしてどうしようもないやり場のない思いが込み上げます。


今日は焼却炉が稼動していました。
たくさんのたくさんの命が、灰色の煙になって空に消えていきました。
殺処分ゼロへの道のりはあまりにも遠い。
でも、可能性がゼロではない限り、前へ進もう。

ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
センター | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。